「初心者」ということは風俗店によってはアピールポイントとなる

2015-09-24

風俗のお店の求人に応募をしたら、面接が行われます。大抵のお店では一度確認を兼ねて必ず面接を実施します。面接が不要だという風俗は、チャットレディやテレフォンレディなどの顔見せが不要な業種だけです。

そう、面接は経歴を聞いたりするだけが目的なのではなく、女の子のレベルを見るために行うということがほとんどです。レベルはなにも顔だけではありません。

顔・声・スタイルなどの容姿的な部分はもちろん、喋り方や身のこなしなども見られています。特に高級ソープランドなどのこだわりが強いお店になると、この辺りはつよく見られますのでこう言ったところで働きたいのであれば注意をしましょう。

■初心者という事をはっきりと伝える
面接のときにも必ず聞かれることは「この仕事(風俗)の求人に応募するのは初めて?」という事です。これには必ず本当の事を答えましょう。

完全に初めてであるのであれば、その事を言い、前にちょっとしたキャバクラのような場所で働いていたのであれば「そのくらいです」と伝えておきましょう。

ここで嘘をついてしまっても長年風俗嬢を見てきたスタッフさんには一目でばれてしまいます。すると、「この子は嘘をつく子なんだな」と思われてしまい、雇われてから信頼をなくすということになってしまいますからね。

特に技術的なものが必要となってくるソープランドなどでは、お客さんの信用問題となるので、嘘だけはつかないようにしてください。

また、お店によっては初心者をお店に入れる事によって新規のお客さんや古参のお客さん受けを狙おうという目論見もありますので、むしろ初心者ということをウリにした方が上手くいくかもしれません。

初々しく元気いっぱい応答をして、お目当てのお店で働きましょう。

Copyright© 2015年9月24日 効率的に稼げる風俗店の求人情報の探し方について考える
http://www.voltaireweb.com All Rights Reserved.